第1章 総則

(名称及び事務所)
第1条 本会は畑町町会と称し、事務所を会長宅に置く。

(区域)
第2条 本会の区域は、別図に示す以下の地域(6地区)を以て構成する。
(1)宮本地区 (2)中央地区 (3)落合地区 (4)神場地区 (5)畑入口南地区 (6)畑入口北地区

(目的)
第3条 本会は、会員相互の親睦を図り、福祉の向上や地域社会の発展等、安全で明るく住みよい地域づくりを進めることを目的とする。

(事業)
第4条 本会は、前条の目的を達成するため、次の各号に掲げる事業を行う。
(1)会員相互の親睦を図ること。
(2)社会福祉の増進を図ること。
(3)青少年の育成に関すること。
(4)防犯防火及び災害に関すること。
(5)地域の環境整備に関すること。
(6)保健衛生に関すること。
(7)行政機関との協力及び連絡調整に関すること。
(8)その他、会が必要と認める事業。

第2章 会員

(会員)
第5条 本会の会員は、第2条に定める区域に住所を有する世帯及び事業所を有する法人とする。
2 本会は地域内の地番等を基に組を組織し、各組に組長を置く。
3 本会は、正当な理由がない限り、区域内に住所を有する世帯の加入を拒んではならない。

(会費)
第6条 会員は、本会内規において別に定める会費を原則一年分前払いとして、定めた日までに町会に納める。
2 本会に途中入会した会員は、入会した翌月から会費を納める。
3 本会を退会しても、会費の返納を求めることはできない。

(入会)
第7条 本会に入会しようとする世帯は、入会申込書を町会へ提出する。

(退会)
第8条 会員が次の各号のいずれかに該当する場合は、退会したものとする。
(1)第2条に定める区域内に住所を有しなくなった場合。
(2)本人より退会届が提出された場合。
(3)会員が死亡し、又は失踪宣言を受けた場合。

(拠出金品の不返還)
第9条 前条に該当する者が既に納入した町内会費、その他の拠出金品は返還しない。

第3章 役員、その他

(役員の選出)
第10条 本会には次の役員を置く。
(1)会長 1名
(2)副会長 2名
(3)会計 2名
(4)監事(会計監査) 2名

2 会長及び副会長の選出にあたっては、原則として組長の中より選出し、総会の承認を受けるものとする。
3 会計は、会長が組長の中より選出し、総会の承認を受けるものとする。
4 監事は、役員以外の会員から総会において選任する。

(役員の職務)
第11条 会長は、本会を代表し会務を総括する。
2 副会長は、会長を補佐し、会長に事故あるときはその職務を代行する。
3 会計は、本会の会計及び経理を司る。
4 監事は、本会の経理を監査する。

(役員の任期)
第12条 役員のうち、会長、副会長、会計及び監事の任期は2年とし、再任は妨げない。ただし、2期(4年)を限度とする。
2 補欠役員の任期は、前任者の残留期間とする。
3 役員は、任期満了後、後任者が就任するまでは、その職務を行うものとする。

(報酬及び手当等)
第13条 役員は、別途定める報酬及び手当の支給内規のとおり、報酬を受け取る。
2 前項の規定にかかわらず、役員会で決定された者が会務で出張した場合は、交通費・宿泊費及び弁当代を支給することができる。

(顧問及び相談役)
第14条 本会には顧問及び相談役を置くことができる。
2 顧問及び相談役は、役員会の承認を得て、会長が委嘱する。

(組長)
第15条 本会には各組を代表した組長を置く。

第4章 会議

(会議)
第16条 会議は、総会、役員会、常任委員会、組長会とする。

(総会)
第17条 総会は、定期総会及び臨時総会とする。
2 定期総会は毎年度当初に、臨時総会は会長が必要と認めたとき、又は会員の3分の1以上の請求があったときに開催する。
3 総会は、次に掲げる事項を審議する。
ア 事業計画に関する事項
イ 予算、決算に関する事項
ウ 会則の改正に関する事項
エ その他重要事項の決定
4 総会は、1世帯1名、1法人1名で構成された会員の過半数の出席で成立する。議事は出席者の過半数の賛成で決することとし、可否同数のときは議長の決するところによる。
5 総会の出席は、委任状の提出をもって代えることができる。

(役員会)
第18条 役員会は、会長が必要であると認めたときに召集し、監査役を除く役員で構成の下、会長が議長となる。
2 役員会は、本会の運営上必要な事項について審議する。
3 会議の議事は出席者の過半数で決し、可否同数のときは議長の決するところによる。

(常任委員会)
第19条 常任委員会は、会長が必要であると認めたときに召集し、監査役を除く役員及び専門部部長で構成の下、会長が議長となる。
2 常任委員会は、本会の運営上必要な事項について審議する。
3 会議の議事は出席者の過半数で決し、可否同数のときは議長の決するところによる。

(専門部会)
第20条 専門部会は、各専門部部長が必要であると認めたときに召集し、専門部長及び専門部員で構成の下、専門部長が議長となる。
2 専門部会は、専門部活動上必要な事項について審議する。

(組長会)
第21条 会員への連絡事項の周知徹底を図るため、組長会を置く。
2 組長会は、月1回の定例会を行い、組長で構成の下、会長が議長となる。ただし、会長が必要と認めた時は、臨時に招集することができる。
3 組長は原則、定例会に出席するものとし、やむを得ず欠席する場合は副会長にその権限を移譲する。

第5章 資産及び会計

(資産の構成)
第22条 本会の資産は、次に掲げるものをもって構成する。
1 別に定める財産目録記載の資産
2 会費
3 活動に伴う収入
4 その他の収入

(資産の管理)
第23条 本会の資産は、会長が管理し、その方法は役員会の議決によりこれを定める。

(事業計画及び予算)
第24条 本会の事業報告及び決算は、会長が事業報告書、収支計算書、財産目録等を作成し、監事の監査を受け、毎会計年度終了後3か月以内に総会の承認を得なければならない。

(会計年度)
第25条 本会の会計年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。

第6章 補則

第26条 本会則の改正は、総会の議決によるものとする。
2 この会則の運営をするために、会則内規を定めることができる。会則内規は、常任委員会で決定し、組長会の承認を得て実施する。
2 本会則に定めるもののほか、会務の執行に関し必要な事項は会長が役員会にはかって定める。

附則
1 この会則は、令和2年5月17日から施行する。

<別図>